リボ払い限定のキャッシングを利用するときは

リボ払いといえばクレジットカードの支払い方法をイメージする方が多いですが、この支払い法はキャッシングにも存在しています。月々3,000円などと少額に抑えられており、追加融資を受けても返済額が変わらないようであれば、その支払い方法はリボである可能性が高いです。

通常、借入額を増やすほど月の返済額も増大しますが、返済額が変わらずに返済期間だけ伸びているようであれば、その可能性が高いと言えます。キャッシング業者によっては、リボしか返済方法を用意していない場合があります。リボを選ぶと返済は気楽ですが、利息が増えてしまうので注意が必要です。

こうした業者は融資額を最高50万円と少なめに設定していることが多いので、利用者としては返済できなくなるレベルではありません。つまり、業者側はリボ払いによる手数料で利益を上げたいという考えです。

お金を借りるときは、金利をよく見ることは当然大切ですが、返済方法もそれと同じくらい着目するべきなのです。追加で返済できる随時返済があれば、一気に元金を減らすことが可能ですが、対応していない場合は注意してください。事前に随時返済が可能なのか聞いてから申し込みをしたほうがいいでしょう。